花粉症の豆知識

Room in hospital

簡単対応策

春先になると鼻がむずむずし目に炎症が起こりやすくなる花粉症。その症状も千差万別ですが、多くの人は前述の鼻や目に症状を訴える人が大半です。花粉症対策の手段としてまず行いたい取り組みとしては、外から帰宅する際に花粉を室内に持ち込まないことです。帰宅した場合には、はたきやほうきなどで体の花粉をしっかりと拭い去り、手洗いうがいをこまめに行うことです。また外出する際もメガネや帽子、マスクなどで粘膜に花粉を侵入させない努力をすることも花粉症対策に必要といえるでしょう。 ケアの方法としてはごく最近では目を洗浄する洗浄剤や鼻うがいなども簡単にできる、医薬品なども数多く存在するので、併用して取り組みが何よりといえます。

軽度と重度なら

花粉症は人によって症状は千差万別です。目鼻がむずむずするだけの人、頻繁にくしゃみなどのアレルギー反応が顕著な人、様々です。 むずむずするだけの軽度の人であれば花粉症対策としてヨーグルトなどの乳酸菌をしっかり摂取するがお勧めです。花粉症は腸内環境の乱れを正すことにより緩和されるとも言われており、時間は要しますが効果があるとも学者の間で発表されています。ごく最近では乳酸菌をふんだんに含んだサプリメントも気軽に購入できるので、お勧めといえます。 重度の人であれば一番の花粉症対策は、専門の医師のカウンセリングを受けるのがやはり無難といえます。またどの花粉でアレルギー反応を起こすかしっかり調べたのち、時間をかけて調査するのが、慢性的な花粉症の治療への第一歩となるでしょう。